にこにこ日記

元保育士が母になりました。保育士時代の思い出や日々の生活について、自由きままに書いてみたいと思います。

旦那

うちの旦那は優しい
家事もやります。

頼めば。

頼めばね!




仕事で失敗して明日早いらしい旦那。
なのに風呂はいって布団にはいって


スマホをポチポチ

(21時過ぎに帰宅、このときは1時過ぎ)


わたしはうっかりソファで寝てしまい
起こされて起きたんだけど

食器は台所にもってっとくだけでいいと
言ったけど

テーブルには
飲みかけのお酒
汚れたままのテーブル
その他

そうだね
言わなかったもんね
お酒を元の場所に戻してね
テーブルは拭いてねって

言えばよかったんだよね…

洗濯物もたたまなきゃ…

旦那はスマホをポチポチ
ポチポチポチポチポチポチポチポチ




寝ないならやれやー!!!!!!!






明日仕事早いからって
なに
娘熱だしてて明日保育園休むよ
保育園に連絡したり
ゴミだししたり
朝食つくって

で、じーじばーばの家に預けるよ?
その準備は?
いいよ
全部やるよわたしが
でもさ



なにか気にかける言葉でもでないかな?




仕事が大変だろうがなんだろうが
しないといけないことあるよね
気にもならない?
わたしがやるから何も考えなくていい?


何度言葉で明確にやってほしいこと
言ってきたかな

その時だけだよね
やるのは
頑張るのは


あんたのお母さんじゃないぞこっちは



という

アルアルな愚痴でした



朝起きれない癖に
夜中までポチポチスマホをいじって
起こすのはわたし

ほんっとストレスたまる

私の周りのパートさんたち

わたしの今の短期で働いている職場。

パートさんは全部で9人。
恐らくですが

みんな比較的裕福なご家庭だと思われます。

多分です!

なぜかというと

・小さい子を保育園に入れて働くなんて、という考え
・次働くとしても、15時ぐらいであがれる仕事がいいという考え
・身なりや言葉遣い、雰囲気
・今わかってる限り、旦那様が公務員の家庭3名、銀行員1名
・品がある人が多い
・会話の内容から…(笑)


そしてある二人のパートさんと
仕事について少し話す機会がありました。

Aさんは
今の仕事が

「パートの割に難しいことをしている」

とのこと。
(この方は違う部署のパートさんなので、仕事内容は詳しくわかりませんが)

「わたしは、掃除のおばちゃんとかでいいの」
「単純な仕事がいい」
「というか、本当は仕事したくない!!」

嘆いておられました。

「じゃあなんで、仕事してるんですか?」

と尋ねると
(以前働かなくてもやってはいけると言ってたので)

「旦那が、何かあった時のために働いておいたほうがいいというから…」

とのこと。

「何かあったとき」とは恐らく
旦那様が万が一病気やケガ、最悪亡くなるなど、収入が激減した時の為に
仕事をしておいたほうが安心、という意味。

だって、子どもが3人いるし
一人は今年高校生になる。
これからどんどんお金もかかってくるしね。
旦那様の言うことは間違ってないとわたしは思う。
もちろんAさんも、旦那様の言うことが正しいとは思っている。
自分が我儘なだけ、と。

もう一人のパートBさんも

「わかる!わたしも働きたくない!!」
「働くつもり、なかったもん!!」

と。


そして

Bさん「そういえば、にこさん、仕事決まったの?どうだった?」

と聞かれたので

「受かりましたよ」
「9時17時で毎日です!」

「Bさんだったら、絶対いやでしょ、この条件w」

と言うと

Bさん「うん、いやw」

と、お互いげらげら!

そして

Bさん「にこさん頑張るね。わたし、甘いかな」

と一言。



そんなことない
それなりの収入があって
やっていけるのであれば
無理して働く必要もないと思ってる。
Bさんのところは、子どももまだ小学校低学年と幼稚園。
子どもが一人と二人ではまた大変さも違うと思う。


ちなみに
わたしが働く、働ける理由は

ブランクをあけたくない
 今働かなくても、いつかは働きにでないといけないのは確実。

今のうちに稼いでおきたい
 二人目を産んだら今みたいに働けるかわからない。
 でも旦那の収入だけではいよいよ厳しい。
 小学生からが稼ぎ時!ため時!というけど、勉強、習い事、友達関係、保護者の集まりなど…
 なんだかんだと忙しいと聞く。
 
保育園に預けることに抵抗がない
 小さいうちは確かに心配にもなるけど、一時すればすぐに慣れる。
 大事なのは少しの時間でも一緒にいる時間どれだけ子どもと向き合うかだと思う。

旦那も家事育児を頑張れる
 わたしのほうが働く時間短いので必然的に家事育児の時間も増えるけど
 やれるところはちゃんとやってくれています。

子どもと毎日一緒はしんどいときがある(笑)



そんな感じ。

みんなそれぞれ事情がある。
考えがある。

わたしは

「働く!」
「今はバリバリ働く!」

だから

「子ども小さいのに」
「貧乏なのかな」

と思われていても
自分なりの考えや
目標もあるから
気にならない。

いや、
気にならない、は嘘かな(笑)

やっぱ時々
言われ方によっては
ちょっと傷つく時もある。

でも
堂々としている
ことが
一番と思って
頑張ってますw


今の職場もあと少しだし~♬

*今の職場のパートさんが嫌いとかではないです!
むしろとってもよくしてもらってるので*

4月からの仕事

4月からの仕事決まりました!
派遣の事務
9~17時
残業なし

自宅から車で15分
交通費も出るし
駐車場完備でよかったです!

その日のうちに連絡もらい
採用なりました~
長期です。

1年は働きたいです。
なぜなら二人目考えたときに産休育休もらえるから…(他にも条件あるけど…)

現在は
今年の1月から復帰して
3月までの短期の扶養内パート
保育園、家事、育児、仕事と
両立できるのかやってみて
いけそうなので
時間を伸ばして扶養からはずれることにしました!


新しい職場
ワクワクします。
子どもがいることも話しましたが
わたしたちも子どもがいるので大丈夫ですよと言ってもらえてよかったです。

娘には寂しい思いもさせるかもしれないけど
一緒に頑張っていきたいです!



そして今働いてる職場で
パートの方々から
仕事についてや
家事育児との両立について
各々の考えをいろいろ聞いたので
それについてまた書きたいと思います。

優柔不断

ハンドメイドに興味があります。

知り合いがハンドメイドのお店をひらいて
そこでミシンと場所をかしてくれて
講師が教えてくれるそうで
予約してみました!

この時期なので
入園グッズ作りです。

3時間
2000円にティータイム付き
材料費は別。
平日のみ
駐車場はパーキングにとめないといけません。

ところが今日
生地を買いにいったところ
そこのお店でも同じようなことをしていて
2時間1000円
駐車場もタダ
開催日数も多く、土日もあります。

正直後者に心ひかれる…
平日に行くのは大丈夫ではあるのですが
娘を保育園に預けるので
もし熱でも出したら…

キャンセルは前日まで
と言われてるので…

そこの不安があります。
ですので、できれば土日がいいのです。
旦那が見てくれるので。
金額も後者が圧倒的に安い…

でもせっかく知り合いがオープンしたお店だし
いきたいなぁという気持ちも…
(知り合いといっても交流はありません。
以前勤めていたところで知り合った人です)



こんなことで一日ずっと悩んでます。
優柔不断なのです…

むーーん(-_-;)

【毒親】エピソード2

わたしには弟がいます。

母親はとても溺愛していました。

驚いたことがありました。

子どものころ
母が弟の修学旅行の
荷造りを一人でしているのです。

当時わたしは中学生。

中学生のわたしでも、え?と思いました。

わたし「どうしてお母さんがしているの?」

衝撃の一言


母「だってあの子忘れ物ばっかりするしわたしがしてあげないと自分で何もできないもん」


?!




わたし「自分でできないからさせないといけないんじゃないの??」


当時のわたし

なかなかちゃんとしたこと言ってる笑


責めようと思ったんじゃなくて
普通に疑問に思ったことを口にだしただけです。

お母さんがしてあげて
弟は何もしないで


で?

いつできるようになるの…??????


まぁどうでもよかったので
ほっときましたが。

そんなこんなで弟は


今おっさんしてますが

彼女もおらず
実家暮らし
部屋は臭いしひどく散らかっていて
転職数回(転職が悪いとは思ってません。
弟の場合はたいしたスキルもないし努力もしないので
ブラックに当たる確率が高い)
休みの日はほぼ部屋に引きこもって
夜中までオンラインゲーム
音声のやりとりしてるみたいで、笑い声や叫び声など
聞こえてくるそうです(こわ)
ビールをたくさん飲みマルマルとしており
外に出ないので真っ白なお肌。
目は半開き、髪はぼさぼさ
精神的に弱く仕事で何かあるとうつむいて
いつも母親を心配させる…

わたしが

「このままじゃ いろいろやばいんじゃない(-_-;)
私生活も、仕事もそうだし…ちゃんとやれてんのかね」

と母に言うと

母「でもあの子は優しいから」

父&わたし「は?」

いやいいところなんだけど…
なぜそんな発言になる?
溺愛っぷり…
ひくわ…



弟もいい年して
仕事でしんどいと

俺しんどいです

オーラをだしまくり
母親が心配して
アドバイスとかしてくる。

「あの子昼ご飯食べる時間なくて、
弁当じゃなくて、おにぎりでいいっていうから
おにぎりもたせてるんだけど
それすらも食べずに持って帰ってくるのよ?!」

と母。

「はぁ、大丈夫よ、わたしなんて何度昼飯食べなかったか。
死にはしないから大丈夫だよ!!」

「ていうかおにぎりぐらい自分でにぎらせたら?
できんなら自分で買わせたら?!(-_-;)」


わたしなら恥ずかしくて持っていけません!!(-_-;)(-_-;)


そして母が心配するとわかってて

食べなかったおにぎりを母親に渡す弟もなんというかね…

わたしなら帰宅中食べるなり
捨てるかな。

もうね、親子そろってこれです。

実家にいるとね
わたしだって甘えます。
絶対甘えます。

いろんな制限制約受けたくない
自分の力で生きていきたい
そう思って20代前半から家をでたわたし。

弟よ

家を出ろ!!
(一応昔家を出たことがありますが、戻ってきた)

母「一人暮らししたらきっとまた散らかるんだから(-_-;)」

そりゃあ
未だに自分の部屋の掃除や片付け
母がしてますもんね。
何もさせなかったからじゃないのかな???

弟はかわいがられてもきたけど
父からはわたし同様たくさん理不尽なことを
言われたりされたりしてきたので
自信もありません。

母は
とても頑張り屋です。
なんでもしてあげます。
わたしにも

「いいよそこまでしなくても…(-_-;)」

ということは何度もありました。
おかげで逆に恥ずかしい思いをしたこともありました。
先回りして色々やってくれるんです。
立派な母です。

でも
子どもは育ちません。
自分で考えないし
自信がつきません。

【毒親】エピソード1

わたしは多分毒親育ち。

思い返すと褒められた記憶がない。

あったのかもしれないけど

思い出せないくらい

ダメな子として育てられました。

日々の生活で強く覚えていることは

まだ固定電話しかない時代
リビングで電話をしてました。
相手は友達。
大好きな漫画やイラストの話をしていたと思います。

すぐそばで聞いていた父
まだわたしが会話中にもかかわらず

「おい」
「やめろ」
「漫画とかやめろ」
「もう電話きれ」

と低くて怖い声で言い続けるのです。
わたしは電話中。
怯えつつ
相手に悟られないように楽しく会話をします。
でももう会話が頭にはいってきません。
早く、相手を不快な思いをさせず
普通に会話を終わらせて電話を早く切るか
そればかりが頭をぐるぐる。

相手がしゃべり続けると
「まだか!」と
父がキレるのではないかと
びくびく。

やっと終わって
電話を切り
何か父に言われたと思います。

漫画なんてくだらない
そんな会話をするな

とか
そんなことだったと思います。

電話中に言いますか?
相手がいるんだよ?
父が許さないから切るね
といって切れる?

子どもだからどうにでもなると思ってる?
所詮子どもとはいえ、
子どもには子どもなりの人間関係があるんだよ?
危ない話ならまだわかるけど
漫画とかイラストとか趣味の話だよ
不快ならせめて話し終わってから言わない?

というか自分の好き嫌いで
子どもの行動感情友達関係
制限しないで!!


この出来事はほんの一例ですが
思い返せばこんなことばっかりだったのだと思います。

両親の顔色を
伺ってばかりでした。
嬉しい
楽しい
悲しい
どんな時でも顔色をうかがってました。


「自分の感情を出した時の父の気持ちは?」

とても気になっていました。
テレビを見て笑っているときでもそうでした。
父の顔をちらっと見るんです。

わたしが笑ったら
「こんなくだらないことで笑うな」
とか言われるのでは?

という不安感と同時に

父がもし一緒に笑っていたら

「自分が面白いと思っていることは正しかった、認められた」

という気持ちになっていました。
ほっとしたような、気持ち。

(この気持ちについては大人になって自分を分析したときに気づきました)


わたしは友達が親にいろんなことを話していることを知り
驚きました。


わたしは隠し事ばかりでした。
何で怒られるか
笑われるか
呆れられるか
わからないから。

自分のすることは基本否定されるから。

好きなこと
嫌いなことなど

わたしのことは
表面的にしか
うちの両親はしらない。

今でも
ある程度は感情だせるけど
本音で話したりはとてもじゃないけどできません!

(離れて暮らしてからは、関係は悪くはないですが)

行動力

わたしの周りには

ハンドメイドが得意な人で
趣味ですませてる人もいれば
お店をだしたり
ネット販売するまでに至る人も。

最近はやりのハーバリウム
食器を作る?お店をしていたり
講師として仕事をしている人。

友人はマッサージ勤務の経験をいかして
自宅サロンをオープン。
新規がなかなかつかないとのことでしたが
施術はとても気持ちよく
あっという間に人気店になりそうな予感!

大好きな美容の勉強をして
いつかお店を出したいという人もいたな。

まったく未経験ゾーンの
花屋さんを継いで
未経験の割に作品がとても素晴らしく
今も地道に頑張ってる友人。

イラストレーターさんもいます。

わたしの周りには
たくさんの好きなことや
特技を生かして
仕事にしてる人がいます。

本当に羨ましい。

もちろんたくさんの努力が必要だと思います。

しかしその行動力
本当に素晴らしい!
尊敬します。

わたしもなにか始められないか?
そんなことばかり考えます。

ハンドメイドに興味があり
それを仕事に!とまでは思いませんが
(正直ちらっと思うけど、稼ぐとなると
しんどくなりそうなので…)
自分の好きなデザインで
自分や子どものために
洋服とかバッグとか作ってみたい。

最近これは!と思うイベントがあるので
ドキドキしますが
明日問合せようかと思ってます。

なんでもいいから
行動を起こそうと思います!